薬膳 起源

薬膳の基礎知識:薬膳の起源とは

薬膳は最近レストランなどでも提供されるようになりましたが、その歴史は非常に深いものです。
その起源は、中国の王朝時代に皇帝に出す食事であったと言われています。皇帝に出す食事は、食医と呼ばれる医者が健康や病気の予防について考えてていました。食べ物で健康管理、病気治療をしていたのです。

 

今から3000年以上前に書かれた聖典にも食医についての記述があるほど、その歴史は古いのです。
このように薬膳の起源は歴史のあるものですが、中国では現代でも薬膳は医療として重要な役割をになっています。
日本では病院の食事には栄養学が元になっていますが、中国では栄養学と並び薬膳が欠かせないものになっているのです。

 

しかし、薬膳という言葉が登場したのは1980年代に北京にあるレストランが使ったのが始まりとされています。
長い歴史の中で受け継がれてきた食事が、新しい言葉に命名されることで、より多くの人に親しまれ、用いられるようになったのです。
薬膳はその効果から最近はさまざまに研究されるようになりました。中国医学の中でも一つの分野となったのです。"