光浦靖子 薬膳

光浦靖子さんの薬膳

光浦靖子さんの薬膳。。。タレントの光浦靖子さんは薬膳の資格を持っているそうで、話題にもなりました。
光浦靖子さんの薬膳の資格は「国際中医薬剤師」というものです。
最近、薬剤の資格は通信講座などもあり、通学しないでも資格取得ができるようになりましたが、光浦靖子さんは本場中国で勉強をしたそうです。

 

以前、はなまるマーケットのとくまるで薬膳を取り上げ、光浦靖子さんも薬膳レシピを紹介していました。
薬膳の資格を取ると、飲食店などの業種では有利になりますね。
薬膳とは、東洋医学の考えをもとに、食材の効果を活かして健康に効果的な料理のことで、食材の持つ効果をバランスよく組み合わせることで健康を維持することができます。

 

季節によって身体に影響が出やすい部位があるので、そういった症状に効果的な食材を利用して料理を作ると身体に良いでしょう。
中国では「五季」に分けられ、春は肝臓に影響が出やすいので、セロリ、春菊、菜の花、セリ、青梗菜、ピーマン、ほうれん草などが効果的です。

 

梅雨は消化器に影響が出やすく、かぼちゃ、じゃがいも、大豆、しょうがなどが効果的です。
夏は心臓に影響が出やすく、にんじん、トマト、小豆、スイカ、クコの実などが効果的です。
秋は肺に影響が出やすく、大根、牛乳、長いも、えのきたけ、松の実、ピーナッツなどが効果的です。
冬は腎臓に影響が出やすく、黒ごま、きくらげ、昆布、わかめ、黒豆などが効果的です。