薬膳レシピ 効能

薬膳レシピの効能

薬膳レシピの効能は、利用する食材によって違います。 体質の改善、体質の強化、病気の予防など、薬膳の目的はさまざまです。
薬膳に利用する食材は、普段食べている食材でも十分です。

 

それぞれの食材に特性や効能があり、それらを組み合わせて健康を維持し、病気の予防となる料理を作ること、それが薬膳です。
薬膳は中医学の理論が基礎となっていて、食材の持つ味や性質を中医学で表すと、味は『五味(ごみ)』『六味(ろくみ)』、性質を『帰経』となります。
また、『四気(しき)』は食材が身体に入った時の寒熱性の働き、『五色(ごしょく)』は、食材は色によっても働きが違うといわれ色分けする際の表し方です。
目的によって、食材の持つ効能から食材を選び、食事を作ることが効果的です。

 

たとえば、えんどう豆には、気を補いお腹の調子を整え、尿の出を良くしたり、母乳不足にも効果的といわれているので、お腹の調子が悪い方や母乳不足が気になる方におすすめな薬膳レシピは、えんどう豆ととうもろこしご飯です。
また、便秘や慢性疲労、糖尿病には、気を補いお腹を温め、消化活動を促進する効能があるかぼちゃを利用した薬膳レシピがおすすめです。鮭とかぼちゃの豆乳スープ、アジと夏野菜の黒酢南蛮スープなどがあります。